文章で生計を立てる方法

クラウドソーシングを使った文章の仕事が流行しています。インターネットなら、自宅でデスクワークができるので、
通勤で電車や車に乗る必要はないわけです。もちろん、場合によっては、打ち合わせなどが必要なので、出かけることもあります。
基本的には、パソコン一台というのが仕事の道具になります。情報もたくさんありますが、コピーが絶対的に禁止なことは、
説明は省かさせていただきます。

そして重要な考え方ですが文章というものを深く理解する必要があります。
文章のジャンルには文学的文章と説明的文章のジャンルがあります。
文学的文章のジャンルは、わかりやすく言うと小説です。創作の表現で書いています。
説明的文章のジャンルは事柄の表現です。コラム、エッセイ、評論、説明文が馴染みのあるジャンルでしょう。
より深く掘り下げると文章の奥深さを感じてもらえると思います。

普段から、文章を読む習慣もある方は、有利でしょう。良い文章を書くには、良い文章を読むことからです。
でも、新聞記者のように、ある程度我慢して読んでもらえる文章ではないのが、文書で生計を立てる現実です。
読んでもらえるような文章にしていくことが文章術とも言えます。

創業するということ

自分で新しい会社を起こすというのは素晴らしいことです。
でも、会社の目的は利益を出すといことです。つまり、売上を上げられなければ、
会社の目的は果たされません。ですので、社会的には意味がないですね。
ですので、目的は、利益を上げることの手段で新設法人ができるというのが正しいですね。
個人事業主がいいのか、法人組織がいいのかという点ですが、業態にもよりますよね。
法人形態でないとできない事業なら、判断の余地はありません。しかし、個人事業でも良い場合もあります。
フリーランスなどはその例ですね。一定の規模というのもありますが、法人形態にするとお金がかかります。
決算をする義務がありますので、会計事務所と契約しないといけません。
事業を行うにあたっては、確率もあるかと思います。成功する確率があると思い起業するわけですが、
絶対というのはありません。その為に少なくリスクを取る必要もあります。
ですので、できる限り出費のない形と、売上確保が重要です。売上なくして、なにも始まりません。
創業時は、なにかとバタバタするものですが、軌道に乗ったときは、新しい世界が見えるでしょう。
よく経営者は孤独といいますが、登りつめた人にしか見えない孤高だと思います。