創業するということ

自分で新しい会社を起こすというのは素晴らしいことです。
でも、会社の目的は利益を出すといことです。つまり、売上を上げられなければ、
会社の目的は果たされません。ですので、社会的には意味がないですね。
ですので、目的は、利益を上げることの手段で新設法人ができるというのが正しいですね。
個人事業主がいいのか、法人組織がいいのかという点ですが、業態にもよりますよね。
法人形態でないとできない事業なら、判断の余地はありません。しかし、個人事業でも良い場合もあります。
フリーランスなどはその例ですね。一定の規模というのもありますが、法人形態にするとお金がかかります。
決算をする義務がありますので、会計事務所と契約しないといけません。
事業を行うにあたっては、確率もあるかと思います。成功する確率があると思い起業するわけですが、
絶対というのはありません。その為に少なくリスクを取る必要もあります。
ですので、できる限り出費のない形と、売上確保が重要です。売上なくして、なにも始まりません。
創業時は、なにかとバタバタするものですが、軌道に乗ったときは、新しい世界が見えるでしょう。
よく経営者は孤独といいますが、登りつめた人にしか見えない孤高だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です